イソザキの貝

確かな目利きで、いい貝を。

 

個体差のある貝ひとつひとつに心を配り、

美味しさをぎゅっと閉じ込めて、鮮度の良い良質な品物を提供します。

浅蜊 あさり

二十数年前に比べ、日本全国で干潟の干拓や埋め立て、堤防の強化などが進み、だんだんとアサリの住む場所が減ってきています。

アサリが生きている場所は、人間がわざわざ手を煩わせなくとも自然に海が浄化されています。景観や保全のために、私たちは美しい海を自ら失っているということでしょう。

減少している住処で一生懸命に子孫を残そうとしているアサリたちの、命の恵みを感じてください。

蜆 しじみ

健康志向が高まる昨今において、TVコマーシャルや雑誌などでも蜆エキスが取り上げられることが多くなりました。蜆エキスとは、あくまでも天然の活蜆から抽出されるものであり、サプリメントに配合されている人工的に作られたオルチニンとは似て非なるものです。

蜆もまた、河川の環境破壊などにもめげずに、たくましく生き抜いて成長する生き物です。

イソザキの蜆で、日本人が大切にしてきたヘルシーな食卓を守っていってほしいと願っています。

蛤 はまぐり

蛤は、古代より日本人に親しまれてきた貝で、平安時代には貴族の遊びである“貝合わせ”にも用いられていました。

蛤は、国内の漁獲量もここ数年増えつつあります。安価な台湾産や中国産の蛤がマーケットの主流となっていますが、昔のように安全で美味な国内産をお届けできるよう、尽力いたします。